EDに悩む男性

シアリスの疑問(薬の耐性やEDタイプについて)

\90秒で注文完了/シアリスを購入する
EDに悩む男性

シアリスはED治療薬の中でも服用しやすく、通販を利用すれば安価に購入できるため人気の商品です。

服用方法も簡単で一度服用すれば長時間性行為を楽しめますが、いざ服用するとなれば「あれ?こういうときはどうするの?」「この服用方法で合っているのか?」と疑問が浮かんできませんか?

ここでは、安心して服用していただけるようシアリスの疑問を解決していきます。

シアリスは飲み続けると効かなくなる?

シアリスは毎日服用するような医薬品ではありませんが、お盛んな男性であれば使用頻度は多くなります。

しかし、継続的に服用していると「いつかシアリスが効かなくなってしまうのでは?」と考えてしまうこともあるでしょう。

 

特に睡眠薬や抗生物質は長期間服用すると耐性ができてしまって薬が効きにくくなるといったことを聞いた事がありませんか?

これは薬に対する抵抗力が高まって今まで効果的だった薬が効かなくなってしまうことを言います。抵抗力が付いてしまった場合には量を増やすか別の薬に変えなければなりません。

 

ではシアリスの場合はどうでしょう?

シアリスなどのED治療薬は耐性ができるようなことはありません。

そのため、長期的に使用したとしても効果が弱まるようなことはなく、常に同じ効果を実感できます。

 

ただし、「今までシアリス飲んでたけど効かなくなってきた」という意見もあります。

これはどういうことなのでしょうか?

シアリスには耐性ができることがないので、通常は効果が変わりません。そのため、効果が弱くなった原因は他にあると考えられます。

効果が弱まる原因は

シアリスの効果が感じられなくなった原因として考えられるのは「生活習慣病の悪化」です。

糖尿病、高脂血症、動脈硬化などの生活習慣病はEDと深い関わりがあり、血管や神経に障害が生じるとED症状も重症化していきます。そのため、今まで効果があったシアリスが効かなくなってしまった可能性が考えられます。

症状が進行してしまうとシアリスを服用しても全く改善できなくなる恐れがあるので、生活習慣には十分気をつけましょう。

 

※ED改善に有効な生活習慣については「シアリスだけに頼らずEDを根本的に改善させよう」ページで詳しく紹介しています。

EDタイプによってはシアリスが効かない?

EDには器質性、心因性、混合性の3つのタイプが存在しています。

精神的な要因で引き起こしている場合は心因性ED、神経や血管に問題があって引き起こしている場合は器質性ED、精神的・肉体的の要因によって引き起こしている場合には混合性EDに分類されます。

いずれも勃起不全という症状は同じでも、それぞれ原因が違うので適したED治療薬も違うのでは?

EDのタイプ

シアリスは、器質性、心因性、混合性すべてのタイプのEDに有効です。

そのため、病院へ行かなければEDの原因はハッキリしませんが、病院へは行きたくない…そういった方でもとりあえず通販でシアリスを購入すればEDは改善できます。

 

また、心因性EDの場合には精神的な問題が解決するとEDも自然に改善されていくこともあります。その場合にはシアリスがなくても正常に勃起できるようになります。

ただし、50代以上の男性であれ心因性DEではなく動脈硬化が進行している混合性EDの可能性がありますので、ストレスやプレッシャーから開放されたとしてもEDが改善されないことも。

しばらくそのままにしていれば、きっと治ってくれる…そう思いたい気持ちは痛いほど分かりますが、一度シアリスを通販で買ってみて自信をつけてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

シアリスを取り扱っている通販サイトは多数ありますし、それぞれの通販サイトでシアリスの用法用量や副作用のリスクなどについて記載されていますが、最低限の情報しか記載されていないことが多いです。

知っていればより安心してシアリスを通販し服用できると思うので、頭の片隅にでも置いておいて下さい。

 

今回はシアリスの耐性やEDタイプの疑問についてお話しましたが、他にもシアリスに関する疑問についてもどんどん紹介していきたいと思います。